鹿とオルガン、日々ノリエ

ヴォーカリスト石田倫依がつむぐ、愛おしき日々のかけら。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2014*07*20 Sun
03:43

~ waqu:iraz 01「短篇集:ノスタルジア」  公演のご案内 ~

数年ぶり、舞台作品に出演させて頂きます。

知り合って7、8年になるでしょうか。
舞台を中心に活動する小林真梨恵さんのソロプロジェクトとして始動したwaqu:iraz。
どんどん進化している彼女の吸引力はものすごくて、とても魅力的で個性的な人材が、あらゆる方向から脇を固めている実感。

「カラダもココロも、ひらく」

今回、ひさしぶりにカラダを使ってみて、この感覚、思い出すのにほんとうに時間がかかりました。。。笑。
そしてその状態で歌ってみるとすごくラクで、最近力がはいっていたんだな~と、反省。
ひらいた感覚をもって、最後まで走ります。

いよいよ本番はじまります。
石田は、オムニバス3作品のなかの「遠足」に出演します。

~ waqu:iraz 01「短篇集:ノスタルジア」 ~

Facebookページ
waqu:irazブログ

千歳船橋から徒歩2分。カフェのあるちいさな劇場にて。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

石田 倫依

Facebook→
Website→ 

*********************************************


waqu:iraz 01「短篇集:ノスタルジア」
短編集ノスタルジア



Facebookページ
waqu:irazブログ



◆waqu:iraz(ワクイラズ)とは
2014年、舞台を中心に活動する小林真梨恵のソロプロジェクトとして始動。おもに主宰の小林が企画・創作する作品を上演。演劇・音楽・ダンスや身体表現をベースに、キャスト・スタッフは公演ごとに集め、そのときのメンバーの特色を活かし、多様な表現を掛け合わせた作品をつくることを目的とする。
1回目の公演となるwaqu:iraz 01「短篇集:ノスタルジア」 では、演劇・音楽・ミュージカル・ダンス・舞踏などさまざまな分野で活躍する多彩なキャストのほか、趣きの異なる脚本・演出家を招き、「過去・記憶」をテーマに、演劇・身体・音楽の要素を織り交ぜた3つの短篇を上演します。

[ノイジー/ノスタルジー]
ここは、通過点です
止まることは出来ません
一方通行、戻ることも出来ません
通り過ぎたものは、やがて
落ちて、溜まって、砂時計の底へ
通り過ぎていった、わたしやあのこも、
あのときのまま、
そのときのままの眼差しで、
鳥の鳴き声も、
誰かの呼ぶ声も、
5時のチャイムも、
落ちて溜まって、砂時計の底で
あのときのまま、残っているのです
置いていった言葉やモノたちは、
ガラクタになってそこに溜まっていって、
そうして時々、がちゃがちゃと音をたてて、
過ぎていった時間の音が、
けたたましく、聴こえてくるのです

【演出・構成】 小林真梨恵
【出演】
曽田明宏
小林真梨恵


[遠足]
静かな午後、五本の指先、きれいに揃った筆箱、蝙蝠の近道、智慧、えんぴつと紙、ミシンと布切れ、レンジの暗示、実験室、机並べて、手伝います、すみれ色の傘、逆さまの坂、重なった瘡蓋、たったままの猫じゃらし、しーんとした部屋、屋根の上の猫、工場の煙、理科室のフラスコとか、買ったばかりの椅子、水曜日、ビロードの幕、くすんだ壁、ベニヤの屋根、鼠の住処、樫の木の下、たくさんの風船を飛ばして、手紙を書いた、楽しいこと、友達のこと、遠い国のこと、突然のこと、トカゲのこと、途方もないこと、届いてますか、カマキリを捕まえた空き地、血が出た膝小僧、おつかいに行ったスーパー、パーマ屋のあのくるくる、留守の間に読んだ本や、やっとのことでやった宿題、いじわるな男子、静かな午後、五時まで、デジタルの時計、椅子に座ったまま、ママを待つ屋上、浄水場が見えて、天気予報は外れてしまいました。

【演出・脚本】 小川拓哉
【演出・振付】 小林真梨恵
【出演】
菅野貴夫(時間堂) 森祐介 鈴木悠華 土屋咲登子 石田倫依


[未開の空、ゆれる]
本日、快晴、無風。ガラスクリーニングにはベストコンディション。
さあしっかりロープを結んで、メインロープ、ライフライン、角部には養生。
幅わずか53cmのブランコに乗る。
絵筆の代わりにスクージーを握り、キャンバスの代わりに窓に向かえば、
空がいっぱいにうつってる。
地上でもなく空でもないここはしずかで、ときどき、遠くで、鳥の声。
まいにち空を磨いて磨いて、そこに映っているのは誰だろう?
描いても描いても知らない誰かの顔になってゆく。
いつも、描けば描くほど、知らない誰かの顔になってゆく。
揺れる髪、遠ざかる背中、掴めなかった手。
——あのひとは今、どこにいるんだろう?

【演出・脚本】 高木充子
【原案・演出・振付】 小林真梨恵
【出演】
小川拓哉 五十嵐ミナ 石田迪子 菊池ゆみこ 長尾純子 日坂春奈

※上演順は未定です。



公演日程:
2014年7月24日(木)~29日(火)
24日(木)20:00★
25日(金)16:00★ / 20:00★
26日(土)14:00 / 18:00
27日(日)11:30 / 16:00
28日(月)16:00 / 20:00
29日(火)16:00
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。
※本公演は3作品同時上演です。1公演で3作品すべてご観劇いただけます。
※上演時間は3作品合わせて約100分を予定しております。


チケット料金(日時指定・全席自由):
前売・予約 2800円
当日 3000円
★前半割引 2500円(初回3回)
高校生以下 1800円
■チケットお申込→http://ticket.corich.jp/apply/53709/009/または石田まで。

会場:APOCシアター (小田急線千歳船橋駅徒歩2分)
東京都世田谷区桜丘5-47-4

問い合わせ:
waqu:iraz事務局 
TEL 070-5554-3277
MAIL waquirazinfo@gmail.com

*
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

石田倫依

Author:石田倫依
歌をうたっています。ライブやレコーディング、時々芝居やパフォーマンスを。
コーヒーと読書をこよなく愛しつつ、日々世界を迷走探検中。
褒め言葉は「変態」。よろしうに。

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。