鹿とオルガン、日々ノリエ

ヴォーカリスト石田倫依がつむぐ、愛おしき日々のかけら。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2012*10*29 Mon
23:31

あめのひのおるすばん

表紙をひらくと

やわらかなみずいろ


そして

次のページをめくると

あざやかな あかに

にじむようなタッチで

風船をもったひとりの女の子と白いねこ



岩崎ちひろの絵本

「あめのひのおるすばん」(至光社 国際版絵本)



何年か前に

誕生日プレゼントで頂いて

すっかりはまってしまった岩崎ちひろの絵本



雨の日のに

ひとりでお留守番をしている女の子

幼女から少女になりかけの繊細なゆれと

お留守番というささやかな不安の

ないまぜになった

その様子を

彼女独特の淡い色彩のグラデーションで

みごとに表現していて


ああ

女の子って

なんてすてきなのかしら



ためいきをついてしまうほどに

うつくしい




岩崎ちひろが描く

こどものからだの

やわらかく はじけるような その丸みは

あふれる愛おしさにくるまれたまなざしを感じさせて

幸福な気持ちにさせてくれる

























スポンサーサイト
*

2012*10*25 Thu
23:15

デビュー



つむちゃん





娘ちゃん

びじゅつきょうしつ なるものに

デビューいたしました。


ようちえんで

なにが楽しいかって

「つくりもの」(←工作のことをこう呼んでいるらしい。なんかすてきだ。)


あれもこれもすきだけど

なんたって つくりものに勝る 楽しさはないと

くちびるをとんがらかして そう主張していた彼女である。


去年の今ごろは

バレエを習うんだと

毎日ものすごく前衛的な動きの研究に 

時間を費やしていたのに


バレエのばの字も言わなくなり

そのかわり

ようちえんから帰ってくるやいなや

つくりもの。


近所のともだちが遊びのお誘いに来ない日は

夕ごはんまでえんえん

つくりもの。


ごはんをたべてからまた寝るまで

つくりもの。


最近とみに

一緒につきあうこちらの

アイデアや製作技術の枯渇を感じ


こりゃ なんか探してみようかなあと

あるアトリエへ行ってみた。


小中学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんにかこまれて

もちろん最年少

机の真んなかにある 

共同で使うポスカに手が届かない


さてさて どうかしら と思っていたら


10時から13時までの3時間

夢中で「つくりもの」ざんまい。



最後は

その日完成させた

大変にコンテンポラリーなハロウインの衣装を着て

モノレールに乗って帰りましたとさ。



こどものやりたいことを「だめ」って言わない先生がたで

でも最小限のルールをきちんと決めて

それでも、というか、それだからこそ、というか、

あふれ出る個性を

大切にはぐくもうとしてくれている感じがして


わたし自身

とても共感してうれしくなりました。


そんなわけで

娘ちゃんは

びじゅつきょうしついちねんせいです。


来週は

ハロウインの衣装をつけて

お好み焼きパーティーだそうです。


余談ですが

タウンページをシュレッダーで細かく裂いて

水と一緒にミキサーにかけて

糊をいれてうにうにして

紙粘土をつくっていた小学生がいた。



もう。

さいこう!














*

2012*10*03 Wed
11:06

しっかり者

今朝

ようちえんのバスに乗る娘ちゃんを

送るために歩いていたとき


かばんをのぞいていた娘ちゃんが言った



「あ。ハンカチ忘れた。」




だ、だ、だ、だいじょうぶ??

とりにもどろうか??

でもあんまり時間がないよね????






うろたえる母をものともせず

彼女はおちつきはらって言った



「ようちえんで貸してもらえるから、だいじょうぶ。」





娘ちゃんは


しっかり者である



少なくとも


今のところ



そして




間違いなく


このわたしよりは




先日、


プリンターがうまく出力されず

あせった私が


「◎×※×◎※×!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


となっていたとき



おせんべいを食べながら

彼女はゆったりとこう言った



「ママ、できなくても怒らないのよ。落ち着いてやれば、ママならできるしょ?」








すみません。













*
プロフィール

石田倫依

Author:石田倫依
歌をうたっています。ライブやレコーディング、時々芝居やパフォーマンスを。
コーヒーと読書をこよなく愛しつつ、日々世界を迷走探検中。
褒め言葉は「変態」。よろしうに。

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。