鹿とオルガン、日々ノリエ

ヴォーカリスト石田倫依がつむぐ、愛おしき日々のかけら。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2011*07*26 Tue
13:55

8月の太陽のなかで6月の雨を聞く。

ミニマムであるということは

余白があるということだ


観ることが

聴くことが

どこまでも

自由になる

スポンサーサイト
*

2011*07*10 Sun
00:30

願いごと

幼稚園から持ち帰った
七夕かざり


先生がひとりひとり
聞きとって書いてくれたらしき短冊には
こうありました


「おおきくなったら
しょうぼうしゃになりたい」







叶うといいね

*
プロフィール

石田倫依

Author:石田倫依
歌をうたっています。ライブやレコーディング、時々芝居やパフォーマンスを。
コーヒーと読書をこよなく愛しつつ、日々世界を迷走探検中。
褒め言葉は「変態」。よろしうに。

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。