鹿とオルガン、日々ノリエ

ヴォーカリスト石田倫依がつむぐ、愛おしき日々のかけら。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2012*10*29 Mon
23:31

あめのひのおるすばん

表紙をひらくと

やわらかなみずいろ


そして

次のページをめくると

あざやかな あかに

にじむようなタッチで

風船をもったひとりの女の子と白いねこ



岩崎ちひろの絵本

「あめのひのおるすばん」(至光社 国際版絵本)



何年か前に

誕生日プレゼントで頂いて

すっかりはまってしまった岩崎ちひろの絵本



雨の日のに

ひとりでお留守番をしている女の子

幼女から少女になりかけの繊細なゆれと

お留守番というささやかな不安の

ないまぜになった

その様子を

彼女独特の淡い色彩のグラデーションで

みごとに表現していて


ああ

女の子って

なんてすてきなのかしら



ためいきをついてしまうほどに

うつくしい




岩崎ちひろが描く

こどものからだの

やわらかく はじけるような その丸みは

あふれる愛おしさにくるまれたまなざしを感じさせて

幸福な気持ちにさせてくれる

























スポンサーサイト
*
プロフィール

石田倫依

Author:石田倫依
歌をうたっています。ライブやレコーディング、時々芝居やパフォーマンスを。
コーヒーと読書をこよなく愛しつつ、日々世界を迷走探検中。
褒め言葉は「変態」。よろしうに。

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。